ストナンは女を見た後数秒間が命!
初動を制するものが彼女を作れる

ストナン画像14

彼女を作るためのナンパとして、大事な初動のポイント

ナンパをできない人に共通する原因は何だろうか。それは当然ながら声をかけられないことである。

まずは話しかけること、これがわかっているはずなのにどうしても声をかけられずに立ち尽くしてしまう。そのために、知識を詰め込んだとしても結局何も起こらない人は多い。この現象を地蔵というのは、ナンパでは常識中の常識である。

ではこの地蔵を克服するためには何が必要だろうか。それは、初動である。

とりあえず勢いをつけるといえば、ただそれだけのことである。ただ、大抵の人はそれができない。だからこそ、声をかけようとしてもダメで地蔵になってしまうのだ。

実際オレは、何度も地蔵になってきた。そのたびに何とか勇気を振り絞り、対策を考えて行動している。そのため、このページでは地蔵にならないようにするために、オレがナンパスクール学長から習った初動の大事さについて書く。

ナンパスクール学長が教えてくれた初動のポイント

ナンパスクールでは、地蔵を克服するための行動のポイントは初動だということを口酸っぱく言われた。ここまでに書いたように、要は初動で全てが決まるということだ。

そのため、オレは実戦訓練ではかなりの注意を受けた。足が重い、早く行け、と何度も厳しく言われた。厳しく言われたことは良かったのだが、それ以上にいかに初動が大事なのかを思い知らされた。

オレがナンパスクール学長にならった初動をつけるポイントはいくつかある。初動のポイントとしては、歩き続けること、見たら三秒以内に行動すること、誰かに指示してもらうことなどがある。

このページではこの3つについて書いていく。

歩き続けること

ナンパの基本中の基本は歩くことである。ナンパは歩いていなければできない。特にストリートナンパはそうだ。他のクラブナンパなどであれば、それほど歩かなくても良いかも知れない。ただ、ストリートでは歩かないとまずナンパできない。

バブルくらい昔の時代であれば、車に乗りながらナンパできた。それは、良い車に乗っているということが1つのステータスだったからだ。

女は男を持っている車で見る。男が一緒にいる女をステータスとして見せつけるように、女は自分が乗っている車がどのようなものであるかで優越感にひたりたかったのだ。私はこんな良い車を持っている男の助手席にいるぞと。

ただ、時代は変わり、現在は車はステータスの象徴ではない。そのため、車を持っている人だからモテるというわけではないため、車ナンパはできない。だからこそ、歩いてナンパすることが求められるのだ。

そして、歩いているときに大事なことは、止まらないことである。歩き続けるのがポイントなのだ。

その理由は、一度止まってしまうと、休みたくなるためだ。人間は一貫性を保ちたがる。ずっと歩いている人は歩き続けないと違和感があるし、ずっと止まっている人は動きたくないのだ。これは歩きだけでなく、人生訓としても言える。

そのため、できるだけ歩き続けながらナンパをしよう。そしてカワイイ子がきたときには、さっとそのままのスピードで向かうことで躊躇なく初動をつけて、ナンパすることができるのだ。

見たら3秒以内に行動すること

ナンパスクール学長がいうには、素敵な女性を見つけたら、早く行動しなくてはいけない。ただ、どうしても地蔵になってしまうのであれば、マイルールを作るしかないと。

そしてそのマイルールの1つが3秒ルールである。

3秒ルールというのは、何かを落としたときに、3秒以内であれば汚くないから食べられるという謎のルールである。ちなみに科学的な根拠は全くないそうだ。確かにトイレに落としたものは一瞬でも汚れているような気はする。

他のスクールではどういわれるか知らないが、オレが行ったナンパスクールでは3秒ルールが適用された。つまり、3秒以内に行動しろということだ。

この効果は何気に絶大である。自分の好きな女がいたら、3秒以内に行動しなくてはいけないとなると焦る。焦るからこそ、まずはパッと声をかけてみてから考えようというスタイルになるのだ。

このスタイルは、正直にいって効果が非常にある。頭でこの女はどうだ、無視するのか、話してくれるのか、なんて考えても正直意味はない。

話してみないとわからないからだ。おっとりしている女にガンシカされることもあれば、めちゃくちゃ冷たい女が実はとても話やすい女だったりする。これはナンパスクール学長でも完全には見抜けないらしい。だからこそ、行動することが大事なのだ。

まずは話してみないとわからない。だからこそ、見てから何秒以内に動き出さなくてはいけないというルールを作ることで自分に課してみよう。それだけであなたの地蔵になる割合は大きく減るはずである。

誰かに指示してもらうこと

ナンパの基本は一人で行うことだということを知っているだろうか。だからこそ、ナンパスクールでは基本的に一人でナンパすることを推奨している。

これはなぜかというと、1人でナンパすることができれば大人数でもナンパすることができるからだ。逆にいうと、みんながいるときにナンパできても一人ではナンパできなくなってしまっては意味がない。だからまずはソロナンパが大事なのである。

そして、複数人でナンパするとしても、コンビナンパはソロナンパ以上に難しい。これはナンパスクール学長も言っているのだからまず間違いないと思う。そのため、まずはソロナンパだ。

ただ、複数人でやることのメリットはある。それが、誰かにあいつにナンパしろよと言ってもらうことだ、複数人で集まってみんなでソロナンパするという流れになるのだ。

これの良いところは、誰かに指名されたらやらざるを得ないと感じることができることだ。一人ならまあいいやと思いがちだが、複数人で行う場合はやらざるを得ないと思って頑張ってしまう。この習性を利用して誰かに相手を選んでもらうのだ。

この方法を知っていて、実践することができれば、初動はつけやすくなる。そのため地蔵になる可能性は大きく減る。ネックとしては、ナンパ友だちを作るのが面倒なことであるが、これをクリアすれば大きな地蔵克服の一歩となる。

一人でやっているとモチベーションが上がらないこともあるため、彼女作りをするという目的を忘れずに、ゴールを目指してナンパ友だちを作るのも一つの手なのだ。

このように、地蔵を克服するためにはやはり初動がものを言う。そして初動をつけるためのポイントとしては、動き続けること、見たら3秒以内に行動すること、そして誰かに指示してもらうことの3つだ。

これらを行うことでナンパをすれば、地蔵になることなく堂々と女に話しかけることができる。まずは1つでもやってみることからはじめよう。彼女を作るために。

ストリートナンパ

ネットナンパ